錦江シッピングジャパン ‐ ニュース

お客様各位

2018年10月吉日

LSS (Low Sulphur Fuel Surcharge) 導入のお知らせ

平素より上海錦江航運(集団)有限公司のサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

さて、このたび上海錦江航運(集団)有限公司では、マーケット状況を鑑み、太倉・上海を経由する輸出入貨物に対し下記の通り、LSS (Low Sulphur Fuel Surcharge) を導入することを決定いたしました。

今後も、皆様方のご愛顧にお応えすべくより良いサービスの提供に向け鋭意努力を重ねてまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

名称:
LSS (Low Sulphur Fuel Surcharge)
対象貨物:
太倉・上海及び同港を経由する輸出入貨物
料率:
Eastbound(輸入): USD15/TEU
Westbound(輸出): RMB100/TEU
実施時期:
Eastbound(輸入): 2018年11月21日より(上海・太倉ETD)
Westbound(輸出): 2018年12月1日より(日本積港ETD)
※錦江航運公表スケジュールによる
徴収方法:
Eastbound(輸入): Prepaid (積地払い)
Westbound(輸出): Collect (揚げ地払い)

以上

印刷用PDFファイル


 Copyright©Jinjiang Shipping Japan Co., Ltd.